酵素の話

健康

こんにちは!NOBOです!

今日は酵素の話をやっていきたいと思います。

酵素というのは『生命の源』みたいなものです。

酵素があるから体を動かしたり、食べ物を消化したりといった生きる上での生活が成り立っているわけです。

もちろん体内の酵素が無くなれば死にます。

逆に無駄使いしなければ生活のパフォーマンスは上がっていくことでしょう。

そんな酵素について書いていきます。

二種類の酵素の使われ方

体内での酵素の使われ方は二つあります。

それが、『消化酵素』『代謝酵素』です。

消化酵素

食べ物も食べただけで消化されるわけではなくて、消化酵素により消化され栄養として吸収されていきます。

唾液や胃液も消化酵素のひとつです。

この酵素が少なくなってくると食べ物を消化しずらくなったり、消化不良に陥りやすくなります。

代謝酵素

代謝酵素とは消化したエネルギーを体中の細胞に送り届ける役割をしています。

そして、細胞のひとつひとつをコントロールしています。

息をするのも筋肉を動かすのも考えることも心臓を動かすことも全部、酵素があるから出来ることなのです。

消化酵素と代謝酵素

消化酵素と代謝酵素はある程度、割合があるようです。

消化酵素を使いすぎると代謝酵素が減ったり、逆に代謝酵素を使いすぎると消化酵素が減ったりと言ったようなことです。

つまり食べ過ぎたあと運動が出来なくなったり、ハードな運動をしているときお腹がすかないのも酵素が消化か代謝のどちらかに使われすぎているからです。

僕は実家に居るときは食っちゃ寝生活を送りがちですが、そういう時ほど運動もしない、外にも出ない、何もしない、といった感じでした。

つまり消化というのはそれだけ体の負担になるということです。

食べ物はよく噛んで食べ、またなるべく新鮮で酵素を多く含んでいるものを摂りましょう。

何を食べるか?

酵素を多く含んでいるのは主にフルーツ、野菜、発酵食品が多く含んでいるそうです。

ポイントとしては出来るだけ生の状態で食べることをお勧めします。

酵素は熱に弱く、加熱調理をすると壊れてしまいます。

熱に耐えれる上限が大体70度くらいだそうです。

またインスタント食品やファーストフードは食べるのはやめましょう。

これらの食べ物は酵素を全然含んでいないうえに、消化するのに大量の酵素を消費するそうです。

自分の体は食べているもので出来ているという認識をしっかりと持ちましょう!

酵素を学んでいけば何を食べるかがわかっていき、そうなれば人生の質も上がること間違いなしです!

今日はここまでにします。

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました