『腸にいいことだけをやりなさい!』を読んで。

健康

こんにちは!NOBOです!

健康や日々の体調を気にするなら腸内環境を整えることはとても大事な事だと思います。

この本を読んで気になった項目を書いていきたいと思います。

腸内細菌を喜ばせる食べ物は「お・な・か・は・す・き・や・よ」で決まり!

『お』・・・オリゴ糖

オリゴ糖を摂っていれば、ビフィズス菌をはじめとした善玉菌が増えてきて、腸内フローラ工場が健全に動くようになっていきます。

オリゴ糖を多く含む食品

たまねぎ、長ネギ、ごぼう、アスパラガス、にんにく、とうもろこし、バナナ、ハチミツなどです。

筆者のおすすめは「焼きバナナ」だそうです。

バナナを弱火で五分ほど焼くと、バナナのでんぷんがオリゴ糖に変化するため、大量にオリゴ糖を摂取することができるそうです。

『な』・・・納豆などの大豆製品

納豆こそ腸内細菌がよろこぶ食品の王様なのではないでしょうか。

発行食品でもあるし、大豆由来のビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。

さらに、納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かす作用も含まれています。

なお筆者は夜に食べることをお勧めしています。

夜の方が腸が活発に働くし、寝ている間の方が血流がスムーズになるそうです。

『か』・・・海藻類

「昆布」、「わかめ」、「のり」、「ひじき」、「めかぶ」、「もずく」などの海藻類は、日本人の腸に合った食べ物です。

外国の方は海藻を分解する消化酵素を持ち合わせていないので海藻を食べる習慣がありません。

日本人は古くから海藻を食べてきているため、消化酵素を持ち合わせているそうです。

どの海藻にも食物繊維が多く含まれていて、昆布、めかぶ、もずくなどのネバネバ・ヌルヌル成分にはアルギン酸などの健康成分が豊富に含まれています。

『は』・・・発酵食品

発酵食品には「菌の恩恵」が詰まっています。

味噌や醤油には麹菌

納豆には納豆

ヨーグルトにはビフィズス菌

チーズやピクルス、キムチ、ぬか漬けなどの漬物には乳酸菌が含まれています。

こうした発酵食品を摂っていると、腸内が酸性に保たれて、善玉菌が増えやすい環境が整えられます。

「す」・・・酢

腸のなかは酸性に保たれているほうが腸内細菌の働きもよくなるし、免疫機能なども働きやすくなります。

また、善玉菌が多いと腸内が酸性に保たれ、悪玉菌が多いと腸内がアルカリ性に傾きやすくなります。

お酢は腸内を酸性に保つのにたいへん有効な食品です。

酢のものやビネガーサラダなどで摂るのもいいですし、黒酢などを飲んで摂るのもいいでしょう。

また、「酢たまねぎ」、「酢たまご」、「黒酢豆」、「酢キャベツ」、「ニンニク酢」、「酢昆布」などの健康メニューもあるそうです。

『き』・・・キノコ類

きのこは、大地に生息する土壌菌に育まれた食べ物。そのなかには腸の機能を活性化させる成分がいっぱいに詰まっています。

きのこにはβ‐グルカンという免疫増強物質が豊富に含まれていて、がん細胞の増殖を防ぐのにも有効とされているのです。

しいたけ、しめじ、なめこ、えのき、エリンギ・・・きのこの種類は問いません。

ぜひ種類や料理を変えながら、毎日のメニューに取り入れていくといいでしょう。

『や』・・・野菜類

腸内細菌は食物繊維で育つといってもいいでしょう。

そして、日々の食事において食物繊維摂取のベースになるのは、何と言っても野菜です。

少なくとも一日に一回は両手に山盛り一杯分くらいの量の野菜を食べるようにすることをおすすめします。

『よ』・・・ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、ビフィズス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌、クレモリス菌といったようにいろいろな種類があります。

人にはそれぞれ、自分の腸に合った乳酸菌が決まっていて、もし、そのヨーグルトが自分には合わない種類の乳酸菌だった場合、腸内環境改善の効果はほとんど得られなくなってしまうのです。

まずは、自分に合ったヨーグルトを見つけ出すことが大切。そのためには、どれかひとつのヨーグルトを選んで1~2週間食べ続けてけてみて、腸にいい変化があったかどうかを見極めていく作戦をとるのがいいでしょう。

まとめ

この本に書かれている本の一部しか紹介していませんがなるべく実践的なものを紹介させていただきました。

腸内環境を整えて日々の体調を良くしていきましょう!

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました